マネジメントメッセージ

自由からの発展。お客様と社員、企業の繁栄を実現する

紺乃 一郎 Ichiro Konno

宮城県出身 血液型A型

米大手通信企業AT&Tの日本法人で部長職を経験後、国内大手インターネット企業IIJ Groupに移籍し独立まで部門長を担当。
2001年から普及期のコンビニATMプロジェクトにプロジェクトマネジャーとして着任。
2014年の離任時まで、2万拠点を超えるネットワークの導入と、
数十名からなる24/365のネットワーク運用管理部隊を率いた経歴を持つ。
趣味は仕事。悩みは兄なのに弟に見られること。

起業の原点を聞かせてください。

20代の頃から経営者になりたいという念いがありました。企業経験を通してその念いが強くなったのが30代後半です。

私が在籍した会社は大変素晴らしく、企業ネットワークの普及期に居合わせていただくことができました。そこで多くのビジネスの基礎を学びました。しかしそこでできることの限界のようなものを強く感じた時期がありました。私が残りの人生を賭けてぜひとも体験したかったのは、創業期の生き生きとした発展の息吹、一歩一歩登ってゆく時の喜びでした。

組織が大きくなるとどうしても官僚的になり、社内政治が生まれたりします。しかしそういった常識を素直に受け入れ「そういうもの」と諦めて残りの仕事人生を生きることがどうしてもできませんでした。

私は、仕事とは本来もっと面白くできるものだと思っています。とてもエキサイティングで、生涯を賭けるべきものであると思っています。

会社名の由来は何ですか?

ひとつは「正当な利益を肯定する」ということを表現したかったということがあります。それでいろいろ考えた結果、もっともストレートな「儲かる」というのが最も私たちらしいということで決めました。私たちは利益を「お客様からの感謝の総量」であると考えています。利益の出ないサービスは「お客様の立場にたった有益なサービスを提供できていない」ことの証明であると思っています。この意味で真剣に利益を求めることが、顧客満足度を高めることと一致するはずです。

もう1点、「利益は発展のためのコスト」でもあります。良いサービスを提供する会社が、もし大きくならないのであれば、まだそのサービスの恩恵を享受していないお客様に対しての供給体制の強化などの投資ができません。私たちは「100人の歯科事務長の輩出」「サービスご提供地域の拡大」などのビジョンを掲げていますが、これらは「発展のためのコスト」、すなわち「利益」なくして実現しないということです。

私たちは会社が大きくなることを肯定していますが、それは近江商人の「三方よし」(売り手良し、買い手良し、世間良し)の精神にもとづいた、公器性の高い健全な発展思想であると考えています。

なぜ採用サイトをつくったのですか?

現在、私たちが提供する「Mr.歯科事務長サービス」は、人材の供給が間に合わず、大変申し訳ないことにお客様に契約をお待ちいただいている状況です。この採用サイトでは、私たちの考えの一端なりともお伝えし、歯科業界への貢献と、自己成長に対する志をともにできる仲間を広く募集したいと思いました。

志は大きく持っていますが、いまはまだ立ち上げたばかりの小さな会社です。この採用サイトでMOCALの考え方を発信し、会社の発展性や社員の成長の可能性を感じてもらえればと思い企画しました。私たちと一緒に働いてくれる素晴らしい仲間を心から待っています。

MOCALの特徴にはどのようなものがありますか?

弊社の特徴のひとつは経営者が兄弟です。私が人事や内部管理を担当し、今野がお客様に関する業務を担当しています。メリットは意思疎通の早さです。もう数十年のつきあいになりますので。

私は外資系大手通信企業で管理職を経験していました。今野は歯科業界で営業職などを含めて25年のベテランです。この今野の経験が、業界初の革新的サービス「Mr.歯科事務長」を開発するバックボーンとなりました。

さっそくですが、どんな人たちと働きたいですか?

価値観を共有できる人と働きたいですね。志をともにできる人でなければ、組織に発展のエネルギーが満ちてきませんので。そういう意味で、直感的には「好きだな」と思える人と一緒に働きたいです。

「心から一緒に働きたい」と思えるかどうかです。人間はお互いが好きというだけで、ものすごいプラスエネルギーが生まれるし、好きというだけで仕事が楽しくなる。いわゆるシナジー効果、相乗効果で高めあえる人と一緒に働きたいという念いがあります。お互いが高めあう人間関係における相乗効果は大変なパワーがあります。そういう社員が会社の宝であり、私たちが大切にしたい人財です。

具体的にはどのような価値観を共有したいのですか?

私たちは「人間には奉仕の本能」があると思っています。それから「学びたい、自己成長したいという本能」「発展したいという本能」が備わっているという価値観を持っています。

その意味で「社会やお客様のために奉仕の心を根底に持ち、その実現に向けて生涯学び続け、会社も個人もより良いサービスを提供し続けるために成長し、発展し続けてゆく」という価値観を共有したいと願っています。その発展は「単なる競争相手に勝つ」という意味ではなく「本当に価値ある仕事やサービスを、社会やお客様に提供し続けた結果としての発展繁栄であるべきだ」と思っています。

社員の資質として何を最も重要と考えていますか?

真摯さです。真摯さとは誠実さ、正直さ、素直さ、人柄の良さ(いわゆる良い人)という形で外面にあらわれます。なぜ真摯さを重要視するかと言うと、真摯さこそ良い仕事をするためのもっとも大事な資質であり、この真摯さは習得することができないと考えているからです。

これはドラッカーが指摘していることですが、昨今は本当に実感しています。「伝説のサービス」で有名なアメリカの百貨店ノードストロームの採用基準に「笑顔を採用し、技術を磨く」「人柄と信頼感で採用を決める」というものがあります。

私たちもこの考え方に賛同しています。「良い人柄は容易につくれない」、その人の大きな長所、財産です。私たちは「真摯さ」というマインドを持っている人に「スキル」を磨いてもらいたいと思っています。真摯さがある人は必ずスキルも習得できます。もちろん学歴は問いません。学歴は過去その時点の優秀さをあらわしているものであり、何も保障しません。大切なのは「現在の学習継続能力」であり、その人の「現在のマインドとスキル」であると考えています。

経営者は何を最も重要と考えていますか?

一方で、経営者としては、会社と社員の間のCredibility(信頼性)を最も大切にしています。マネジメントにおける真摯さは「一貫性」という形であわられます。これが行動にあわられた時に「公平無私」となります。

会社の理念に従い正しいと思うことについては損得を超えて言行一致ができる人は真摯さを持っている人であり、リーダーに不可欠な資質です。私たちは「公平性」による「社員との信頼関係」を最も大切にしています。

さきほどの質問で直感的に「好きだな」と思える人と一緒に働きたいということですが、もう少し具体的にはどんな人ですか?

会社の価値観の共有と真摯さについてはさきほど述べましたので、それ以外ということでは、やはりプラスのエネルギーを持っている人です。

私たちの合言葉のひとつに「日々、明るく積極的建設的であろう」というのがあります。たとえばこれに拒絶反応を示される人だと厳しいですね。それから「感謝の心がある人」「人の成功や幸福を祝福できる人」「謙虚な人」「素直な人」「自助努力を惜しまない人」「他人や環境のせいにしない、自己責任の人」「チームワークを大切にする人」「他人の失敗を許せる人」「常に目標を持って成長を目指している人」などが好きです。基本的には真善美の方向にマインドが向いていてそれを肯定している人ですね。

マイナスや暗い感じ、劣等感や自己憐憫を美化したり、ダーティでクールな価値観がもてはやされたりしている風潮もありますが、「日々、明るく積極的建設的であろう」ということを貫くほうが高度で難しいと思います。世の中には必ず明るさの供給者が必要です。プラスのエネルギーで「小さくとも社会の一角を照らさん」という使命感を持って仕事をしたいと思っています。

採用基準はありますか?

価値観を共有できる人、真摯さ、明るく積極的建設的な人ということを述べましたが、同時に「この人を幸福にする自信はあるか」ということをひとつの基準としています。それはMOCALに入社した後、その人の人格が向上し、スキルが向上し、明らかに成長したと言われる人材に育てることができるか。言葉を変えれば「どこでも通用する人材に成長させることができるか」という観点です。

私たちの考える「幸福」は、単に甘い砂糖菓子のようなものではありません。さまざまな試練を通して得られる「努力の向こう側で味わえる味」を意味しています。

私たちは、努力なく会社から何かを得ることのみを期待し、社会や会社の足らざる点をあげつらい、不平不満を言うタイプの社員を幸福にする自信はありません。生まれや環境のせいにせず、自助努力と自己責任で道を切り拓こうとする人にこそ、それを後押しする環境や支援を惜しみなく送りたいと思っています。

MOCALで働く社員に何を与えることができますか?

私たちは社員を大事にしたいという考え方を持っています。
その意味で成長の機会を設けており、3ヵ月に1回、外部ビジネス研修を受けていただき、課題図書による論文も書いてもらいます。また期首にはKick Off Meetingとして一泊で社内セッションを実施しています。これらは継続的にその方の成長を実現するための施策です。

私たちが社員に与えられるものは「成長と貢献の機会」です。
もちろん相応の処遇も同時に与えられるものではありますが、処遇そのもののみで入社を決める人を剪定する意味でこれを強調しません。「良い仕事をする人には良い報酬が与えられる」。これは法則です。

私たちはあくまで「良い仕事」に没頭することを中心に考えています。これらの結果として「社員一人ひとりに相応しい、豊かで実り多い人生」が得られるものと考えています。

最後にこのサイトをご覧になっている人に一言お願いします。

いまMr.歯科事務長は、成功されている院長から大変多くのオファーをいただいております。しかし残念なことに、人材の採用が遅れておりニーズにお応えできていない状況です。

歯科の運営サポートに興味があり、成長と貢献に熱意を持った真摯な人材、共鳴しあえる仲間を心から求めています。私たちとともに最高のサービス、最高の会社、最高の人生を一緒に創っていける方を心から求めています。私たちのサービスの価値は「人」です。真摯さと熱意がある方と一緒に、素晴らしい仕事を成し遂げたいと思っています。


「歯科にマネジメントを」奉仕の精神で新たな価値と富を創造する

今野 賢二 Kenji Konno

岩手県出身 血液型A型

歯科業界歴28年。歯科医院向けソフト開発・販売のベンチャー企業で、マーケティング・営業マネージャーとして、販売の仕組みづくりの中心的役割を担い、トップブランド構築に貢献。

アウトソーシング歯科事務長(Mr.歯科事務長)という業界初のサービスを始められたきっかけは何ですか?

私は歯科業界で25年以上、営業職として歯科医院や院長と接して来ました。特に前職では、歯科医院経営支援システムのコンサルティング業務に当たっており、ここで経験した内容が一番直接的なきっかけです。

このコンサルティング業務は、診療システム全般に関わるため、院長だけではなく各セクションのスタッフとの協働が必要でした。さらにマーケティング的な視点から診療システムを構築するなど、歯科医院の経営課題を実地に体験することができました。
この経験から、経営者である院長がどんな問題や課題に直面しているのかだけでなく、歯科医院経営の構造的な問題がハッキリと見えてきました。

結局、歯科医院が置かれている「経営課題」を解決するために必要な「人材の不在」が、成長を目指す歯科医院のボトルネックであるということが見えてきたんです。

これには、私自身が「経営への志向」があったことと、企業の「マネージャー経験」が大きく寄与していると思います。

歯科医院の「構造的な経営課題」と「人材の不在」とは具体的にはどのようなことなのでしょうか?

最近では、経済雑誌などでも取り上げられることが多くなりましたが、歯科医院の数はコンビニの1.5倍で飽和していると言われています。

どのような業界でもそうですが、マーケットに対して供給者が増えると競争が始まります。
その競争戦略の中には、もちろん医療技術の向上が中核とはなりますが、幅広いニーズに応えるためのメニュー拡充(審美や予防、その他高度な医療行為)、それを支える設備への投資、人材の採用や教育、人材の定着を図るための雇用環境の向上、サービスや接遇の向上、それらの価値を伝えるためのマーケティングなど、実に多面的で難易度の高い経営実務が必要になってきます。

ところが、通常の歯科医院では、院長が診療を行うことでほとんどの売上をつくる「労働集約型」の業態ですので、それ以外の経営実務を行うための「時間」が慢性的に足りない、しかも経営について学んだことがないという方も多いのが現状です。

また、院内のスタッフ(通常は女性)にこの業務を担っていただけるか?というと、経験や適性のあるスタッフはほとんどいない。
それでは、そのような「経営実務」を担当してくれる「事務長(企業でいうマネージャー的な役割を果たしてくれる人)」を採用すれば良いのでは?と思うのですが、歯科医院で提供できる処遇と、そのような優秀な人材が求める処遇がマッチしない。仮に採用しても院内で教育するだけのノウハウもない。

いま歯科医院経営の現場では、このような構造的な課題を抱えているんです。

私達が提供している「Mr.歯科事務長」サービスは、このような業界ニーズから誕生しました。

「事務長」という言葉を聞いても、仕事内容が具体的にイメージできないのですが、実際にはどのような役割を担うことになるのでしょうか?

クライアントである歯科医院の規模や院長のタイプにより、大きく3つの役割を担います。

一つは「総務・秘書」の役割です。
歯科医院も医療施設とはいえ、企業体の性格を持っていますので、さまざまな事務作業が発生します。例えば、「給与計算」「スタッフ入退社の手続き」「シフト作成」「行政関連の書類作成」「経営資料・データ作成」などのルーティーン業務から、什器の調査や忘年会等のイベント手配、ポップや掲示物などのツール作成など、院長の事務的なアシスタントとしての役割を担います。

二つ目は、「中間管理職・人事マネージャー」の役割です。
歯科医院も中規模になりスタッフが10名以上になると、コミュニケーションを円滑化し、チームワークができるように、ミーティングや人事面談により、チームとしての方向性や課題を共有し、経営目標の達成を目指す必要が出てきます。組織内に「チーフやマネージャー」が務まる人材がいない、「院長も忙しくて対応できない」という場合、私たちが「人事マネージャー」の役割を担い、「人事面談」や「ミーティングのファシリテーター」などを行い、これをサポートして行きます。

三つ目は、「経営参謀・ブレーン」としての役割です。
「採用」や「労務トラブル」、「マーケティング」、「収益性の向上」、「設備投資」、「クレーム」、「事業承継」など、企業ほどの規模ではない歯科医院でも、さまざまな「経営判断」が院長の前に次々と現れてきます。この経営判断の成功確度を上げるためには、情報収集や情勢判断が必要になります。

院長が経営判断をするための情報収集や、判断の精度を上げるために会話(思考)のキャッチボール相手となることで、「経営参謀・ブレーン」としての役割を担います。(コンサルタントやコーチングに近い役割でもあります)

もちろん、事務長の経験やスキルにより、一人ですべて行えるわけではありませんので、クライアント医院のニーズと、事務長のスキルをマッチングして担当を決めていきます。また、難易度の高い課題の場合には、事務長同志の定例ミーティングで、チームで問題解決をするサポート体制もありますし、上位の事務長がバックアップをしてくれます。

歯科医院が飽和しているとのことですが、「Mr.歯科事務長」サービスの将来性はあるのでしょうか?

歯科医院が飽和している、これだけを聞くと斜陽化しつつあり、大変な業界に聞こえるかもしれませんが、実は、歯科医院も二極化をしてきているんです。

「歯科医院も『医療機関だから』と言って、大上段に構えている時代は終わり、“患者さんから選ばれる時代”に入った」ということに気が付いて、いち早くマネジメントを取り入れる医院と、旧態依然の医院との間で、年々業績の差が大きくなっています。


私達の「Mr.歯科事務長」は、「マネジメントの重要性」に気がつき業績が伸びている医院で必要とされているサービスなので、言葉はふさわしいか分かりませんが、いわゆる「勝ち組」と言われるような顧客と仕事を行う構図です。

ちなみに、歯科医院は現在68,000件ありますが、上位5%の医院でニーズがあると考えた場合、3,400件以上の見込みがあるとも考えられます。これだけを机上の計算をしてみても、事務長が600人以上必要になる計算ですね(笑)

さらに、今後は医科のニーズに応えられる体制も検討していきますので、さらに大きなニーズを満たすための、体制作りが必要だと考えています。

代表の「Mr.歯科事務長」サービスに対する思いを聞かせていただけますか?

弊社のサービスサイトでも一部お話をしていますが、もともと私自身の原体験がこのサービスに大きく関わっているんです。

お世話になった仲のよい先生が独立開業をする時に、材料や機器を販売する営業マンとして関わらせていただいたのですが、開業後の立ち上がりが悪く、経営の厳しさを目の当たりにしたことがあります。一営業マンの立場でお手伝いできることに限りがありましたし、私自身の経営やマーケティングに関する知識や経験も少なかったため、やるせない気持ちがあり、いつか経営面で悩める院長をお助けできる仕事がしたいと、思ったことがずっと伏流水のように自分の気持ちの中にありました。

それから20年近く自分のテーマとして情報を集め、自己研鑽を続けて、ようやく自分の「天職」の第一歩を踏み出せたと感じています。
このサービスを提供するためには、様々な知識やスキルも必要ではありますが、このサービスで私自身がもっとも大切にしていることは「経営者として孤独な院長をお助けしたい!お役にたちたい!」という「奉仕のマインド」なんです。形だけは同じようなサービスがあったとしても、真に喜んでいただけるサービスの魅力・競争力の源泉は、ここにあると思っています。

ですから、当社では「真摯さ」を人材の第一条件としています。
言われたことを行えばよい、私の仕事はココからココまで、と形だけの仕事ではなく、なんとか困っていることを解決するお手伝いをしたい!相手の喜ぶ顔を見るのが嬉しい!そんな仕事観を持てる方々と一緒に、このサービスを通じて業界に貢献したいと考えています。

最後に、この「仕事の魅力」と「応募を検討されている方にメッセージ」をお願いできますか?

私はこの仕事の魅力は3つあると思っています。

一つ目は、仕事を通じて成長できる点です。
この仕事を通じて「仕事スキルの向上」「人間としての成長」の両方を実感できると思います。

仕事スキルが向上する理由は、責任ある仕事を担当するからです。チームや上司によるバックアップはありますが、担当事務長として現場に行く時は原則1人です。この責任感が仕事能力を磨いてくれます。

人間としての成長とは、より多様な価値観を理解すること、そして高度な見識を持てることだと言えます。事務長には、5医院程度を担当していただくため、さまざまなタイプの経営者と仕事をすることができます。経営に対処する「思想」や「価値観」は、院長によって違います。一緒に仕事をすることを通じて、多様な考え方を理解できるようになると共に、経営視点からの考え方が徐々に身についてきます。

経営とは「人やお金、物や時間を活かして成果を上げる」ことですが、このような考え方を身につけることで、自分自身の見識も高くなってくることを実感できると思います。

二つ目は、「やりがいが実感できる」という点です。
歯科医院の経営規模は、企業ほど大きくないため、自分の行った仕事がどのような結果を生んだのか?「成果」をはっきりと把握できるので、大きな組織で誰の役に立っているのか実感ができない仕事と比べると、直接的に、自分の貢献が実感できます。さらには、私たちの担当する業務の中には「第二領域」と言われる業務が多く含まれています。医院経営の重点課題(業績向上等)に直結した仕事を行うのも大きなやりがいの一つです。

三つ目は、「自己の可能性の開発」という点です。
「Mr.歯科事務長」サービスはまだまだ多くの医院へのサポートが期待されていると共に、事務長の中でも「経営参謀型(コンサル型)」事務長のニーズも多くあります。この仕事に従事する中で、適性のある方には「経営コンサルタントに匹敵する活躍」を行っていただきたいと考えていますし、また事務長を育てる教育部門、事務長をバックアップする社内サポート部門、事務長チームを管理するマネージャーなど、より適性があり、より高いステージでの活躍の場を提供して行きたいと考えています。

また、私達は、現在「Mr.歯科事務長」と「歯科経営出版」の二つの事業を行っていますが、歯科や医科の業界にはまだまだ多くの課題やニーズがあり、新サービスや新事業にもチャレンジして行きたいと考えています。自己の可能性を最大限に発揮できる、活躍のステージを提供できる会社にしたい、未来への可能性という点も、魅力の一つではないかと思います。

私達の「真摯さ」と「仕事スキル」、「成功や繁栄を肯定するマインド」を強みとして、歯科や医科業界に構造的に欠けている「マネジメント」の普及こそ、我々のミッションであると考えています。
あなたの持っている「経験」や「スキル」、「情熱」や「誠実な人柄」などの強みを、より喜ばれ、感謝される業界で活かしませんか?
私達はミッション実現のために、共に刺激しあい、成長できる仲間を大いに求めています!
一緒に成長し、繁栄をしていきましょう。ご応募お待ちしています。


私たちは真剣に優秀な人材を求め続けます

人材こそ、無限に成長する資源です。私たちは優秀な人材を求めます。社会に有益な存在であり続けるために、自分たちよりも優秀な人材を求めます。