アウトソーシング事務長仕事の魅力<

事務長経験者の方へ〜アウトソーシング事務長の仕事の魅力〜

このような不完全燃焼感はありませんか?

  • 医院の器がこれ以上大きくなりそうも、限界感を感じる。

  • これまでの経験を、もっと多くの医院で活かしてみたい。

  • 規模の問題で部下が使えないから、つま経っても重要な仕事に集中できない。

  • 今以上の成長や処遇に期待できそうもない。

  • これ以上のキャリアプランが描けそうもない。

あなたが経験してきた「歯科経営」に関わる事務長ノウハウは、これから出会う院長にとって貴重なもの。 複数医院で仕事をするアウトソーシングの場合、特に重要な第2領域業務に特化するため、あなたの強みやノウハウを存分に発揮できます。仕事の手ごたえややりがいも5倍以上になること間違いありません!

医療法人とはいえ、歯科の事務部門は1~2名のケースがほとんどです。同職との情報交換もなく、自分の仕事がこれでいいのか?自分は成長しているのか?と不安になることも多いのではないでしょうか? Mr.歯科事務長なら、同じビジョン、想い、課題を持つ仲間がいるから、張り合いがあり、自分の客観的な成長も実感できます!

歯科医院内では診療を知らないという理由で「事務部門」が下に見られるケースが多く見受けられます。 Mr.歯科事務長なら、数多くの歯科医院サポートを通じたノウハウの蓄積、人脈、実績をもとにプロフェッショナル事務長として医院経営をサポートします。単なる「下請け」ではなく、「パートナー」として仕事ができます!

数医院を展開する法人とはいえ、おのずと規模の限界があります。優秀であればあるほど、やりがいや将来の処遇に限界を感じることがあるのではないでしょうか? Mr.歯科事務長なら、事業経営幹部への道、コンサルタントへの道、独立の道など、あなたの強みに応じたキャリアプランが描けます!

以前の仕事と比べ、自分の得意分野や強みを活かして複数の医院をサポートできることにやりがいを感じています。常勤の場合には、スタッフとの細かいやりとりや雑務で、重要な仕事に集中できる時間の確保が難しく、いつもスタッフが帰宅してから行うことが多かったのですが、現在は、重要な業務を中心にサポートできるので張り合いがあります。もともと自分一人でもこのような仕事ができないか検討した時期もありましたが、仲間がいる環境で仕事ができている今、ここに参画して良かったと感じています。

歯科関連企業から転職をご検討の方へ〜アウトソーシング事務長の仕事の魅力〜

このような不完全燃焼感はありませんか?

  • 医院の問題解決に深く関わりたいが、提案できるのが自社商品しかないことに限界を感じる。

  • もっと踏み込んで院長や医院をサポートしてあげたいが、専任の事務長では、キャリアプラン的に躊躇してしまう。

  • 歯科経営のエキスパートになりたい、将来はコンサルタント的な仕事を してみたい。

あなたが今までの仕事を通じて培ってきた、業界知識、業務知識、企業経験は、あなたが思っている以上に「歯科経営」にとって大きな価値があります。「もっと○○すれば、医院が良くなるのが分かっていても、自社商品とは関係ないから。。」Mr.歯科事務長なら、サポート方法に制約はありません。思う存分あなたの持てるものを発揮できます!

単に「システム」を売るだけ、機材を売るだけ、ではなく、医院の経営課題の根幹に迫り、院長やスタッフとも深く関わって仕事をしていきます。時には院長の深い悩みを受け止めたり、スタッフの涙を見ることもありますが、院長と二人三脚で課題をクリアし、スタッフや院長の人生にも貢献できるやりがいのある仕事です!

数医院を展開する法人とはいえ、おのずと規模の限界があります。優秀であればあるほど、やりがいや将来の処遇に限界を感じることがあるのではないでしょうか?Mr.歯科事務長なら、事業経営幹部への道、コンサルタントへの道、独立の道など、あなたの強みに応じたキャリアプランが描けます!

数医院を展開する法人とはいえ、おのずと規模の限界があります。優秀であればあるほど、やりがいや将来の処遇に限界を感じることがあるのではないでしょうか?
Mr.歯科事務長なら、事業経営幹部への道、コンサルタントへの道、独立の道など、あなたの強みに応じたキャリアプランが描けます!

前職で歯科医院向けシステムのコンサルティング営業に従事していました。システム導入の際に、院長やスタッフからいろいろな悩みや課題について話を伺うことも多かったのですが、提案できる解決策は自社システムしかなく、残念に思うことが度々ありました。事務長として医院サポートに関わるようになってからは、院長やスタッフと深い関わりをもって仕事ができるようになり、自分の課題を感じることも多いですが、しっかりと手ごたえを感じています。一つの商材で仕事をする時より、必要な知識やスキルも多いですが、成長スピードも比較ならない速さだと思います。

企業経験者の方へ〜アウトソーシング事務長の仕事の魅力〜

このような不完全燃焼感はありませんか?

  • 会社の未来やいまの職場で働くことに天井感を感じている。

  • 歯車の一部の仕事で、貢献しているやりがいを感じない。

  • 単調ではなく、変化のあるダイナミックな仕事がしたい。

  • つまらない会議や社内調整に時間や気を使わず、有意義な仕事に集中したい。

  • いつか独立や起業をしてみたいという希望がある。

サポートする医院の多くは、従業員数が 10 名~50 名程度です。企業と比べて経営規模がコンパクトなため、自分の仕事の成果を実感できます。また、院長やスタッフとの関わりもあり、数字に表れない仕事でも、評価や感謝をストレートに実感できます。大きな組織の歯車としてではなく、重要な仕事に責任を持って携わることができます。

大きな組織では、生産性を上げるために分業を行うことが普通です。生産性があがる反面、仕事が単調になる事から、モチベーションや成長意欲が低下する方も多いのではないでしょうか。Mr.歯科事務長は5~7医院を担当します。医院毎の課題解決、目標達成を複数のプロジェクトとして進めていくため、変化に富み、ダイナミックな仕事ができる環境です。

MOCAL では「成果」と「貢献」にフォーカスし、無駄な管理や社内調整をできる限り排除し「最低限管理」を意識しています。事務長は各医院に責任を持ち、訪問スケジュールやサポート内容も自分で考えて進めます。直行直帰を基本として、月 2 回の帰社日に情報共有やミーティングを行います。仕事に集中できる環境で、つまらない社内調整で神経を使う必要はありません。

Mr.歯科事務長なら、個人の強みや才能、実績を踏まえて、事業経営幹部への道、コンサルタントへの道、独立の道など、あなたの強みに応じたキャリアプランが描けます!また、実績に応じた処遇、公平な評価を真摯に行っています。

IT企業から転職した先輩の声

前職では、金融プロジェクトにおいて通信サービス導入の仕事に携わっていました。30 代半ばで別業界への転職のため、自分の経験やスキルで本当に大丈夫なのか?と不安もありましたが、3 ヶ月目には担当医院も持ち、順調に立ち上がることができました。いままでは大きなプロジェクトでの一部門を担当していましたが、歯科医院サポートで相手の反応や仕事の成果が実感できる点がとても新鮮です。直接評価をしていただくこと、感謝の声をいただくこと、スタッフから頼りにされることなど、大きな組織では得られない仕事のやりがいを感じています。企業内では自分のスキルは特別のものとは感じていませんでしたが、歯科の業界においてはとても希少価値のある経験、スキルであると実感しています。

私たちは真剣に優秀な人材を求め続けます

人材こそ、無限に成長する資源です。私たちは優秀な人材を求めます。社会に有益な存在であり続けるために、自分たちよりも優秀な人材を求めます。